So-net無料ブログ作成
新着情報 ブログトップ
前の10件 | -

マジックキングダム【ワンス・アポン・ア・タイム】がスタートします!! [新着情報]

みなさんこんにちは。

今回はWDW・マジックキングダムより、
新プロジェクションショー「ワンス・アポン・ア・タイム」のご紹介です。

ウォルト・ディズニー・パークス・アンド・リゾーツは2016年10月26日、
マジックキングダムで実施中の「Celebrate the Magic」を
東京ディズニーランドで公演中の「ワンス・アポン・ア・タイム」に変更すると発表しました。
「ワンス・アポン・ア・タイム」は2016年11月4日より公演します。

詳しくは以下のリンクよりどうぞ↓
https://disneyparks.disney.go.com/blog/2016/10/once-upon-a-time-projection-show-begins-november-4/

マジックキングダム【エレクトリカルパレード】が今年10月で終了!! [新着情報]

みなさんこんにちは。

今回はWDW・マジックキングダムより
ナイトタイムエンターテイメント「エレクトリカルパレード」の新着情報です。

ウォルト・ディズニー・パークス・アンド・リゾーツは2016年8月10日、
現在マジックキングダムで公演している「エレクトリカルパレード」を
2016年10月9日の公演をもって終了することを発表しました↓
https://disneyparks.disney.go.com/blog/2016/08/main-street-electrical-parade-ends-run-at-walt-disney-world-on-october-9-heads-to-disneyland-resort-for-a-limited-time/

あわせて、パレードがカリフォルニア・ディズニーランドに陸送され、
2017年から公演されることも発表されています↓
https://disneyparks.disney.go.com/blog/2016/08/main-street-electrical-parade-coming-to-disneyland-park-for-a-limited-time-last-chance-to-paint-the-night/


エレクトリカルパレード終了に伴う新ナイトパレードは現状発表されていません。
また、移送先であるカリフォルニア・ディズニーランドでは、
現在「ペイント・ザ・ナイト」が公演中ですが、
パークの60周年記念イベント終了後も週末など特定日に公演するとしており、
他パークへの移送は現状ないと思われます。

マジックキングダムでは例年9月より、
特定日に「Mickey’s Not-So-Scary Halloween Party」が行われていますが、
イベント実施時にエレクトリカルパレードは公演されません。
それ以外の日程では最低1回は公演されます。
現地に行かれる方は、ぜひお見逃しなく。



東京ディズニーリゾート【2020年度までの新アトラクション】が決定しました!! [新着情報]

みなさんこんにちは。

だいぶ久しぶりの更新になります。
過去の情報を後世に残すためにブログ自体の削除は考えていませんが、
管理人である私の生活環境も変わったため、今後は不定期での更新を考えています。
しかしながら、月1での更新もお約束できない状態ですので、
ご了承の上、お楽しみいただければと考えています。

さて、本日は株式会社オリエンタルランドが2020年度までに導入を予定してる
新アトラクションを発表しましたので、ご紹介していきたいと思います。
プレスリリースはこちらから↓
http://www.olc.co.jp/news/olcgroup/20160427_01.pdf


まずは先に東京ディズニーシーから見ていきましょう。
東京ディズニーシーについて、以前の発表ではロストリバーデルタに向かって
左側の空きスペースに、映画「アナと雪の女王」をテーマにした
新テーマポートを建設すると発表していました。
しかし、今回の発表にそれは含まれておらず、このテーマポートのオープンは
早くとも2021年度以降になることが濃厚です。
それに代わって、前回発表がなかった新アトラクション「ソアリン」が新たに発表されました。
ソアリンはディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー、エプコット、上海ディズニーランドに
それぞれ設置されており、現在は上海ディズニーランドのオープンに合わせて
新フィルム「オーバー・ザ・ワールド」にフィルム交換中です。
それまでは「オーバー・カリフォルニア」というフィルムで、
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー向け限定の内容となっていました。
今回、東京ディズニーシーに導入されるソアリンも「オーバー・ザ・ワールド」になると思われ、
一部東京ディズニーシーオリジナルのシーンも登場するとのことです。
設置ポートは「メディテレーニアンハーバー」の予定。

実は当ブログでも約5年前の2011年1月12日のエントリーで、
東京ディズニーシーに導入があるのではという記事を投稿しましたが、
現実のものとなりました。その時の記事です↓
http://disney-info.blog.so-net.ne.jp/2011-01-12


次は東京ディズニーランドです。
以前の発表ではかなり大規模なリニューアルが示唆されていましたが、
今回の発表では前回ほどの内容ではなく、一部のみとなっています。
おそらく2020年度以降も継続して工事を行う可能性がありそうです。

まずはファンタジーランドとして、映画「美女と野獣」をテーマにしたエリアです。
これは前回の発表でも示唆されていた部分ですが、今回は詳細に大型アトラクション、
ショップ、レストランが各1施設設置されることが明記されています。
大型アトラクションはコンセプトアートを見る限り、
香港ディズニーランドの「ミスティック・マナー」と同じライドシステムに見えます。

また、上記エリアにはライブエンターテイメントシアターも建設される予定となっており、
外観は異なりますが、コンセプトは香港ディズニーランドの「ストーリーブック・シアター」を
参考にしていると考えられます。

トゥモローランドには映画「ベイマックス」をテーマにした新アトラクションが、
現在のトゥモローランドホールの位置近辺に設置されます。
コンセプトアートを見る限り、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーにある
カーズをテーマにしたアトラクション「Luigi's Rollickin' Roadsters」と似ているように見えます。

そしてトゥーンタウンには、ミニーマウスに必ず会える新規グリーティング施設が登場します。
設置場所はミニーの家とは別で、トゥーンタウン入口右側のトゥーンパークあたりのようです。

一連の新アトラクション導入で、事前告知通り、グランドサーキット・レースウェイと
スタージェットがクローズします。前者が2017年1月頃、後者が2017年9月から12月頃に
それぞれクローズ予定です。なお、イッツ・ア・スモールワールドの移設はボツになったようです。
ということは、アリスをテーマにしたエリアの建設はなくなったのでしょうか。
こちらに関しては続報を待ちたいと思います。

長くなりましたが、以上になります。
今後も東京ディズニーリゾートの進化が楽しみですね。

ディズニー・ハリウッド・スタジオ【The Osborne Family Spectacle of Dancing Lights】が今年で終了!! [新着情報]

みなさんこんにちは。

今回はディズニー・ハリウッド・スタジオで毎年クリスマスシーズンに実施される
スペシャルイベント「The Osborne Family Spectacle of Dancing Lights」の新着情報です。

ディズニー・パークス・ブログや一部のディズニーファンサイトによると、
「The Osborne Family Spectacle of Dancing Lights」は
2015年に開催される第20回をもって終了することが発表されました。

ウォルト・ディズニー・カンパニーによると、ディズニー・ハリウッド・スタジオでは、
2016年より先日発表されたスター・ウォーズとトイ・ストーリーをテーマにした
新テーマランドの建設を開始するため、2016年以降、同イベントを実施するのが
不可能としています。

このイベントは1995年からディズニー・ハリウッド・スタジオで実施されており、
リゾート内でもクリスマスシーズンの目玉として宣伝しているものです。
2016年以降は場所を変えて実施するのか、はたまた将来的な復活があるのかは
今回のアナウンスでは明記されていませんが、あの素晴らしいショーをなくしてしまうのは
いくらなんでももったいないような気がします。いつか復活してくれることを期待したいですね。

2015年の「The Osborne Family Spectacle of Dancing Lights」は
2015年11月6日から2016年1月3日までの開催です。
現地へご旅行を予定されている方は、ぜひお見逃しなく!!


ウォルト・ディズニー・パークス・アンド・リゾーツが来年導入予定の新アトラクションを発表しました!! [新着情報]

みなさんこんにちは。

今回は2016年に導入予定の新アトラクションが
ウォルト・ディズニー・パークス・アンド・リゾーツより発表されましたのでご紹介します。

ウォルト・ディズニー・パークス・アンド・リゾーツは2015年8月15日、
現在、カリフォルニア州アナハイムで実施中のD23で、
2016年に同社が直営で運営するテーマパークへ導入する新アトラクションを発表しました。
すでに発表されているものも含め、新たなコンセプトアートも発表された他、
現時点でのオープン予定日も公表されています。それでは、順にご紹介していきましょう。

Star Wars Launch Bay
大人気映画の「スター・ウォーズ」をテーマにしたエリアが、
カリフォルニア・ディズニーランドとディズニー・ハリウッド・スタジオに設置されます。
その中のメインが「Star Wars Launch Bay」です。
こちらでは、新作の「Star Wars: The Force Awakens」の世界を中心とした
スター・ウォーズの世界を体験できるようです。2015年12月オープン予定。

Season of the Force
カリフォルニア・ディズニーランドとディズニー・ハリウッド・スタジオで
2016年から実施されるスター・ウォーズをテーマにしたスペシャルイベントです。
イベント期間中は、カリフォルニア・ディズニーランドのスペースマウンテンが
「ハイパースペースマウンテン」にリニューアルします。
また、ディズニー・ハリウッド・スタジオでは週末にスター・ウォーズをテーマにした
花火を公演するとのことです。

Star Tours – The Adventures Continue
現在でも多彩な行き先が用意されている「スター・ツアーズ」ですが、
新作映画の公開を記念して、新たな行き先が登場するとのことです。
2015年12月に登場予定。なお、東京ディズニーランドへの導入は不明。

スター・ウォーズ関連の情報は下記のリンクからどうぞ↓
http://disneyparks.disney.go.com/blog/2015/08/star-wars-themed-lands-coming-to-walt-disney-world-and-disneyland-resorts/

http://disneyparks.disney.go.com/blog/2015/08/star-wars-enhancements-new-experiences-coming-soon-to-walt-disney-world-and-disneyland-resorts/


Toy Story Land
すでにウォルト・ディズニー・スタジオと香港ディズニーランドにオープンしている
「トイ・ストーリー・ランド」がディズニー・ハリウッド・スタジオにも誕生します。
先にオープンした2つがほぼ同じアトラクション、レイアウトとなっているのとは異なり、
ディズニー・ハリウッド・スタジオはすでにオープンしている「トイ・ストーリー・マニア!」と
完全新作のアトラクション「Family-friendly roller coaster」、「Alien saucers attraction」の
合計3つが設置される予定となっています。
「トイ・ストーリー・マニア!」は、新たなゲームを追加予定とのことです。オープン日は不明。

トイ・ストーリー・ランドに関する情報は下記のリンクからどうぞ↓
http://disneyparks.disney.go.com/blog/2015/08/toy-story-land-to-come-to-life-at-disneys-hollywood-studios/


Pandora – The World of AVATAR
ディズニー・アニマルキングダムに誕生する大人気映画「アバター」をテーマにした新エリアです。
メインアトラクションとして「AVATAR Flight of Passage」が設置されます。
過去の情報では、この他にボートライドを設置するとありましたが、
今回の発表にはこの情報はないようです。2017年にオープン予定。

Rivers of Light
ディズニー・アニマルキングダム初のナイトタイムエンターテイメントです。
動物たちに配慮し、花火やパイロテクニクスは使用せず、ウォータースクリーンを使用した
映像主体のエンターテイメントとなる予定。2016年春スタート予定です。

Sunset Kilimanjaro Safaris
通常は昼間のみに運行している「キリマンジャロ・サファリ」が、
「サンセット・キリマンジャロ・サファリ」として、日没後も運行します。
2016年春オープン予定。


Iron Man Experience
香港ディズニーランドで建設中の新アトラクションです。
ライドシステムは「スター・ツアーズ」と同様のものを使用しています。
2016年秋オープン予定。


Soarin’ Around the World
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーとエプコットにあるソアリンが
装いも新たに新フィルムにリニューアル。今回はタイトル通り世界中を飛び回ります。
このアトラクションは現在建設中の上海ディズニーランドにも設置予定です。
また、従来のフィルムがカリフォルニア州中心の撮影だったのに対し、
今回は世界中がメインになったことにより、ディズニーランド・リゾート・パリや
東京ディズニーリゾートにも設置を予感させるリニューアルとなります。


D23は2015年11月に東京ディズニーリゾートでも実施予定のため、
東京ディズニーリゾートに関する新着情報は、東京でのD23で発表されるものと思われます。

この記事は、新着情報や新たなソースが確認でき次第、
今月中に限り随時更新したいと思いますので、よろしくお願いします。

ストームライダーの運営終了に反対の声が多数!? [新着情報]

みなさんこんにちは。

今回は東京ディズニーシーのポートディスカバリーにある
アトラクション「ストームライダー」に関する情報と、考察を掲載します。

東京ディズニーシーを運営する株式会社オリエンタルランドは2015年5月19日、
同パークのポートディスカバリーにファイディング・ニモをテーマにした新アトラクションを、
2017年春にオープンすると発表しました。これに伴い、ストームライダーを
2016年5月中旬にクローズすることもあわせて発表されています。
プレスリリースはこちらから↓
http://www.olc.co.jp/news/tdr/20150519_1.pdf

ストームライダーは東京ディズニーシー開園当初の2001年9月から運営されており、
来年で運営開始から15年となります。映像系のアトラクションは飽きられやすい傾向にあるため、
ディズニーパークでは定期的な入れ替えが行われており、同系統のアトラクションである
東京ディズニーランドの「スター・ツアーズ」は23年ほどでリニューアルされました。
それに比べると若干早いようにも思えますが、東京ディズニーランドの映像物では
エターナル・シーというアトラクションが1年半でクローズというものもあります。

そのストームライダーなのですが、運営の終了が発表されると、
ディズニーファンからは反対の意見が多数上がり、お祭り状態となっています。
いままで東京ディズニーランドでも、様々なアトラクションがその役目を終え
新しいアトラクションにバトンタッチしてきましたが、
ここまで反対意見が多いのも初めてのような気がしますね。

この反対意見の理由は、ストームライダーが設置されているテーマポート、
すなわちポートディスカバリーのバックグラウンドストーリーで重要な役回りをしているから・・・。
たしかに、ストームライダーなくしてはこのテーマポートのストーリーは成り立ちません。

ここからは、私自身の意見・考察です。
ディズニーテーマパークでは、各施設のバックグラウンドストーリーを大切にしています。
しかし、バックグラウンドストーリーを固定する必要はないと私は思っています。
要するに、時間が進めばバックグラウンドストーリも進んでいいということです。

ポートディスカバリーのストーリーは
「ストームライダー計画の研究成果を発表するために、お祭りを開催している」
となっています。

なので、ストームライダーがクローズしたあとは、
「このお祭りが終了していまは〜」とすれば、十分につじつまが合うストーリーとなります。
このやり方には賛否両論あると思いますが、ディズニーパークは常に進化しています。
ということは、バックグラウンドストーリーも進化して当然というわけです。

このようなバックグラウンドストーリーを採用しているレストランが
東京ディズニーランドにある「スイートハート・カフェ」です。
このレストランは、パンやサンドイッチなどの軽食を販売しているお店ですが、
開園当初は「アイスクリーム・パーラー」というレストランで、
アイスクリームなどを販売していました。
この「スイートハート・カフェ」のバックグラウンドストーリーでは、

「アイスクリーム・パーラー」を経営していた老夫婦が、
金婚式を迎えるにあたって「スイートハート・カフェ」に名称変更した。

という設定になっています。
まさに時の流れがそのままバックグラウンドストーリーに反映されている一例です。
この他にも、当初はストーリーが設定されていなかった施設に
後付けでバックグラウンドストーリーが付加されている例もあります。以上のケースをふまえると、
今回のケースでもストームライダーの行方が言及される可能性が高いと思います。

また、新アトラクションの中かキューラインにストームライダーの痕跡が残される可能性が
少なからずあると思います。これは過去にその場所にあったアトラクションを
現在に伝えるために実施されているもので、アメリカのパークではよく実施されています。

さて、いろいろと記載してきましたが、最終的には運営元である株式会社オリエンタルランドと
ディズニーが協議の上で決定すると思われます。今後の動きに注目していきたいですね。



カリフォルニア・ディズニーランド・リゾートの開園60周年イベントがスタートしました!! [新着情報]

みなさんこんにちは。

今回はカリフォルニア・ディズニーランド・リゾートでスタートした
開園60周年記念イベント「Diamond Celebration」のお知らせです。

カリフォルニア・ディズニーランド・リゾートでは2015年5月22日より、
パークの開園60周年を記念して「Diamond Celebration」がスタートし、
新しいエンターテイメントがスタートしました。
すでにディズニーファンによる動画投稿が行われていますので、あわせてご紹介します。

Paint the Night Electrical Parade
2014年10月に香港ディズニーランドでスタートした「Paint the Night」が
カリフォルニア・ディズニーランドにも登場しました。
カリフォルニア版はタイトルが「Paint the Night Electrical Parade」となっており、
先代のエレクトリカルパレードの仲間であることが示されています。
パレード構成は香港版とほぼ同じとなっていますが、
こちらのバージョンはショーストップがなく、アナと雪の女王のフロートが追加されています。
夏休み期間中は、20時50分と23時からの2回公演されますが、
いずれのパフォーマンスともファンタズミック!(21時と22時45分)と重なっています。

初日の公演の様子はこちらから↓
https://www.youtube.com/watch?v=mDGDTpAipzw


Disneyland Forever
Remember... Dreams Come Trueにかわるディズニーランドの新たな花火です。
今回の花火はパフォーマンス中にプロジェクションマッピングを多用しており、
シーンによっては東京ディズニーランドの「ワンス・アポン・ア・タイム」で
使用されているものもあります。
プロジェクションマッピングは、メインストリートUSA、眠れる森の美女の城、
イッツ・ア・スモールワールド、アメリカ河のウォータースクリーンに映し出されます。
夏休み期間中は毎晩1回、21時30分からの公演です。

初日の公演の様子はこちらから↓
https://www.youtube.com/watch?v=rmkZ-JENQzU


World of Color – Celebrate! The Wonderful World of Walt Disney
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーで2010年6月よりスタートした
「ワールド・オブ・カラー」がリニューアルしました。
新たなショーは5つのセクションに分かれており、ミッキーマウス誕生から現在までと
ディズニーランドを紹介する内容になっています。今回のバージョンでは、
進行役としてミッキーマウスと俳優のニール・パトリック・ハリスが登場します。
夏休み期間中は毎晩21時からと22時15分からの2回公演です。

初日の公演の様子はこちらから↓
https://www.youtube.com/watch?v=WK38wHBNOJM


上記のショーは60周年記念イベント終了後も継続して実施予定です。
カリフォルニア・ディズニーランド・リゾートへお越しの際は、ぜひお見逃しなく。

カリフォルニア・ディズニーランド【ホーンテッドマンション】に噂の亡霊が再登場!! [新着情報]

みなさんこんにちは。

今回はカリフォルニア・ディズニーランドの
人気アトラクション「ホーンテッドマンション」の新着情報をお知らせします。

カリフォルニア・ディズニーランドがオープンしたのは1969年、
いまから46年も前のことです。実はこのホーンテッドマンションには、
オープン時の1969年に、ほんの少しの間だけ登場していた亡霊がいました。
その名も「The Hatbox Ghost」です。

この亡霊ですが、手にはカゴを持っており、その中には生首が・・・。
あまりにも衝撃が強い演出から、オープンからしばらくと経たないうちに
アトラクションから姿を消してしまいました。
あれから46年・・・、とうとう「The Hatbox Ghost」が帰ってきました。
彼は2015年5月9日より、カリフォルニア・ディズニーランドのホーンテッドマンションで
訪れたゲストたちを楽しませています↓
https://www.youtube.com/watch?v=IBqq06FvTIg

ディズニー・パークス・ブログでは、「伝説の亡霊」と紹介されているようです↓
http://disneyparks.disney.go.com/blog/2015/04/legendary-hatbox-ghost-comes-out-to-socialize-in-the-haunted-mansion-at-disneyland-park-in-may/

コメントの1つ目に「これで全体が1000人目になったのか、
それとも誰か1人がいなくなって999人になったのですか?」というコメントがあり、
これに対するキャストの回答が「彼はいつもそこにいたが、我々には見えなかったんですよ。」
という返答が・・・。たしかにあの館なら十分あり得ることです。

彼は現在、カリフォルニア・ディズニーランドにのみで見ることができますが、
いまはただ我々には見えないだけで、マジックキングダムや東京ディズニーランドでも、
知らないうちに姿を表すのかもしれません。

(5/13追記)
「The Hatbox Ghost」の裏側を紹介するビデオが公開されました↓
http://disneyparks.disney.go.com/blog/2015/05/behind-the-scenes-hatbox-ghost-reappears-in-haunted-mansion-at-disneyland-park/

東京ディズニーリゾート【大規模開発エリアのテーマ方針】を一部決定へ!! [新着情報]

みなさんこんにちは。

今回は昨年発表された、東京ディズニーリゾートで今後実施される予定の
大規模開発に関する続報を紹介していきたいと思います。

当ブログでは2013年12月24日、
テーマパークの噂や新着情報を扱う海外ウェブサイト「screamscape.com」の情報を引用し、
東京ディズニーランドのファンタジーランドがリニューアルするのでは、という記事を掲載しました↓
http://disney-info.blog.so-net.ne.jp/2013-12-24

その後の2014年10月30日には、東京ディズニーリゾートを運営する
株式会社オリエンタルランドから正式に東京ディズニーランドのファンタジーランドリニューアルと、
あわせて東京ディズニーシーの新テーマポート設置が発表され、
同時にコンセプトアートも公開されました↓
http://disney-info.blog.so-net.ne.jp/2014-10-30
http://disney-info.blog.so-net.ne.jp/2014-11-03

そして2015年4月28日、株式会社オリエンタルランドは
この大規模開発エリアのテーマ方針を一部決定したとして新たなコンセプトアートを公開し、
東京ディズニーシーの新テーマポートは「アナと雪の女王」をテーマとすることが発表されました。
それでは、東京ディズニーランドのほうから今回発表された内容を見ていきたいと思います。


東京ディズニーランドでは新たにファンタージランドに設置される2つのエリアが
コンセプトアート付きで発表されました。1つは不思議の国のアリス、
もう1つは美女と野獣をテーマにしたエリアとなっています。

不思議の国のアリスのエリアは、現在イッツ・ア・スモールワールドがあるエリアに
設置されると思われ、すでにあるアリスのティーパーティーと
クイーン・オブ・ハートのバンケットホールとをあわせ、一体となったエリアになりそうです。
これに伴い、イッツ・ア・スモールワールドはコンセプトアートを見る限り
スペースマウンテンの左隣で現在はトゥモローランドホールがあるあたりに移転するようです。
不思議の国のアリスのダークライドはカリフォルニア・ディズニーランドにありますが、
それ以外のパークには設置されておらず、カリフォルニア版を参考にするのか、
完全な新作となるのかは不明です。

美女と野獣のエリアは、現在グランドサーキット・レースウェイがある場所で、
新イッツ・ア・スモールワールドに向かって左側のエリアに設置されると思われます。
コンセプトアートを見ると、マジックキングダムに最近オープンしたものに似ています。
マジックキングダム版ではレストランがメインとなっているほか、
アトラクションも設置されていますが、こちらはどうなるでしょうか。


次は東京ディズニーシーの新テーマポートです。
プレスリリースでは、テーマポート全体のテーマを「北欧」とするとしています。
北欧と言えばWDW・エプコットのワールドショーケースにノルウェー館がありますが、
こちらでは現在「アナと雪の女王」をテーマにしたダークライドが建設中なのです。
東京ディズニーシーのものが、これと同様のものになるのかは不明ですが、
おそらく同時に開発している可能性が高いと考えられます。


どちらの件に関しても2015年内に詳細を公表するとのことなので、
詳細発表に期待したいところですね。なお、プレスリリース内にある通り
新エリアは最速で2017年より公開されます。東京ディズニーランドでは、
これに伴い終了するアトラクションが少なからずあると思いますので、
乗り納めなどはお早めにどうぞ。

公式プレスリリースはこちらから↓
http://www.olc.co.jp/news/olcgroup/20150428_04.pdf

カリフォルニア・ディズニーランド・リゾートで24時間イベントを実施します!! [新着情報]

みなさんこんにちは。

今回はカリフォルニア・ディズニーランド・リゾートで実施される24時間イベントをご紹介します。
カリフォルニア・ディズニーランド・リゾートでは2015年5月22日、
24時間イベントを実施すると発表しました。イベント当日は午前6時に開園し、
翌日午前6時まで24時間連続でパークが営業します。

カリフォルニア・ディズニーランド・リゾートでは同日より
開園60周年記念イベント「ダイヤモンド・セレブレーション」が行われるため、
新規エンターテイメントがこの24時間イベントで初公開されます。

24時間イベントは通常のパークチケットでお楽しみいただけますので、
当日にご旅行を計画されている方は、ぜひお楽しみください。
また、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのマジックキングダムでも
同様のイベントを実施し、当日は午前6時にパークが開園します。

詳しくは下記のリンクをご覧ください↓
http://disneyparks.disney.go.com/blog/2015/03/24-hour-event-to-launch-disneyland-resort-diamond-celebration-may-22-23/
前の10件 | - 新着情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。