So-net無料ブログ作成
検索選択

ストームライダーの運営終了に反対の声が多数!? [新着情報]

みなさんこんにちは。

今回は東京ディズニーシーのポートディスカバリーにある
アトラクション「ストームライダー」に関する情報と、考察を掲載します。

東京ディズニーシーを運営する株式会社オリエンタルランドは2015年5月19日、
同パークのポートディスカバリーにファイディング・ニモをテーマにした新アトラクションを、
2017年春にオープンすると発表しました。これに伴い、ストームライダーを
2016年5月中旬にクローズすることもあわせて発表されています。
プレスリリースはこちらから↓
http://www.olc.co.jp/news/tdr/20150519_1.pdf

ストームライダーは東京ディズニーシー開園当初の2001年9月から運営されており、
来年で運営開始から15年となります。映像系のアトラクションは飽きられやすい傾向にあるため、
ディズニーパークでは定期的な入れ替えが行われており、同系統のアトラクションである
東京ディズニーランドの「スター・ツアーズ」は23年ほどでリニューアルされました。
それに比べると若干早いようにも思えますが、東京ディズニーランドの映像物では
エターナル・シーというアトラクションが1年半でクローズというものもあります。

そのストームライダーなのですが、運営の終了が発表されると、
ディズニーファンからは反対の意見が多数上がり、お祭り状態となっています。
いままで東京ディズニーランドでも、様々なアトラクションがその役目を終え
新しいアトラクションにバトンタッチしてきましたが、
ここまで反対意見が多いのも初めてのような気がしますね。

この反対意見の理由は、ストームライダーが設置されているテーマポート、
すなわちポートディスカバリーのバックグラウンドストーリーで重要な役回りをしているから・・・。
たしかに、ストームライダーなくしてはこのテーマポートのストーリーは成り立ちません。

ここからは、私自身の意見・考察です。
ディズニーテーマパークでは、各施設のバックグラウンドストーリーを大切にしています。
しかし、バックグラウンドストーリーを固定する必要はないと私は思っています。
要するに、時間が進めばバックグラウンドストーリも進んでいいということです。

ポートディスカバリーのストーリーは
「ストームライダー計画の研究成果を発表するために、お祭りを開催している」
となっています。

なので、ストームライダーがクローズしたあとは、
「このお祭りが終了していまは〜」とすれば、十分につじつまが合うストーリーとなります。
このやり方には賛否両論あると思いますが、ディズニーパークは常に進化しています。
ということは、バックグラウンドストーリーも進化して当然というわけです。

このようなバックグラウンドストーリーを採用しているレストランが
東京ディズニーランドにある「スイートハート・カフェ」です。
このレストランは、パンやサンドイッチなどの軽食を販売しているお店ですが、
開園当初は「アイスクリーム・パーラー」というレストランで、
アイスクリームなどを販売していました。
この「スイートハート・カフェ」のバックグラウンドストーリーでは、

「アイスクリーム・パーラー」を経営していた老夫婦が、
金婚式を迎えるにあたって「スイートハート・カフェ」に名称変更した。

という設定になっています。
まさに時の流れがそのままバックグラウンドストーリーに反映されている一例です。
この他にも、当初はストーリーが設定されていなかった施設に
後付けでバックグラウンドストーリーが付加されている例もあります。以上のケースをふまえると、
今回のケースでもストームライダーの行方が言及される可能性が高いと思います。

また、新アトラクションの中かキューラインにストームライダーの痕跡が残される可能性が
少なからずあると思います。これは過去にその場所にあったアトラクションを
現在に伝えるために実施されているもので、アメリカのパークではよく実施されています。

さて、いろいろと記載してきましたが、最終的には運営元である株式会社オリエンタルランドと
ディズニーが協議の上で決定すると思われます。今後の動きに注目していきたいですね。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。